債務整理をする為には

債務整理ってどうしたらいいのかご存知ですか?債務整理に困っている方、債務整理をしようと思っている方の為のブログです。

連帯保証人の注意点

1月-31-2012 By admin

債務者が債務整理を起こした時、債権を支払う義務は保証人に移るそうです。そうなれば、連帯保証人に迷惑にならない為にも、連帯保証人が必要だった債権を債務整理する時は必ず連帯保証人 に連絡しておいた方が良いでしょう。必ず債務整理をする事をきちんと伝えます。連帯保証人も払えない場合は債務整理を行うと言う事になります。しかし、第三者が知らないうちに勝手 に連帯保証人にしていたりする場合、連帯保証人の支払い義務はなくなるのだそうです。身分証明書などを悪用されて、保証人に勝手にされた場合も支払う 義務は勿論ありません。更に、金融業者に形式だけで良いので、責任は一切ないからなどと言われて、保証人になってしまった場合も支払う義務はありませんので覚えておいたほうがよいでしょう。ですが、一つ違うのは、債務者から頼まれた場合です。債務者から保証人になって欲しいと言われて仕方なくなってしまった場合は支払わなくてはなりません。なぜ、そのような事になるかと言うと、契約上では、連帯保証人と金融業者の契約になってしまうからです。このような事になってしまった場合は、払えないとなると、債務整理をしなくてはなりません。基本は契約書を交わして行う物ですが、ひどい場合は電話などの応対だけで契約が済んでしまった。と言う方もいるそうです。そうならない為にも契約内容はきちんと把握する事やむやみに名義をかしたりしない事が一番重要となりますので、皆さんも気を付けてください。

Comments are closed.