債務整理をする為には

債務整理ってどうしたらいいのかご存知ですか?債務整理に困っている方、債務整理をしようと思っている方の為のブログです。

債務整理の際、保証人の存在はとても重要になってきます。もし、債務者が債務整理をおこなった場合、その債権を支払う義務は保証人に移ります。が、最近は大きな金額でない限り保証人なしでも簡単に借りられてしまいます。なので、滅多に保証人に返済を求める等という事はありません。しかし、連帯保証人を立てて借りた債権を債務整理する場合は、必ず連帯保証人に連絡しておくことが必要です。借金を連帯保証人が返済してくれるというのなら話は円満解決。しかし、連帯保証人でさえ払えない場合は債務整理が必要になってきます。債務整理が行われたら、連帯保証人が債務者の代わりに債務整理の期間、返済をすることになります。しかし、第三者が保証人の了承無くして保証人に仕立て上げた場合は、その保証人の支払い義務はなくなります。その他に、金融業者の人に形だけの保証人としてで、責任はないからなどと言われた場合も支払いの義務は発生しません。ただし、債務者から同じように頼まれて保証人になった場合は支払う義務が生じてしまいます。連帯保証人もまた、保証人になった段階で金融業者との契約を交わしたと見なされるからのようです。時に、債務整理の際の過払い請求に関しては、保証人にお金は返ってくるんでしょうかね?債務整理の時、債務者が支払えないから連帯保証人が支払い続け、もし、その過払い請求をするとなったら……?やっぱり連帯保証人が払っていた期間分だけは返ってくる……かも?

Comments are closed.