債務整理をする為には

債務整理ってどうしたらいいのかご存知ですか?債務整理に困っている方、債務整理をしようと思っている方の為のブログです。

Archive for the ‘債務整理のその他’ Category

連帯保証人の注意点

1月-31-2012 By admin

債務者が債務整理を起こした時、債権を支払う義務は保証人に移るそうです。そうなれば、連帯保証人に迷惑にならない為にも、連帯保証人が必要だった債権を債務整理する時は必ず連帯保証人 に連絡しておいた方が良いでしょう。必ず債務整理をする事をきちんと伝えます。連帯保証人も払えない場合は債務整理を行うと言う事になります。しかし、第三者が知らないうちに勝手 に連帯保証人にしていたりする場合、連帯保証人の支払い義務はなくなるのだそうです。身分証明書などを悪用されて、保証人に勝手にされた場合も支払う 義務は勿論ありません。更に、金融業者に形式だけで良いので、責任は一切ないからなどと言われて、保証人になってしまった場合も支払う義務はありませんので覚えておいたほうがよいでしょう。ですが、一つ違うのは、債務者から頼まれた場合です。債務者から保証人になって欲しいと言われて仕方なくなってしまった場合は支払わなくてはなりません。なぜ、そのような事になるかと言うと、契約上では、連帯保証人と金融業者の契約になってしまうからです。このような事になってしまった場合は、払えないとなると、債務整理をしなくてはなりません。基本は契約書を交わして行う物ですが、ひどい場合は電話などの応対だけで契約が済んでしまった。と言う方もいるそうです。そうならない為にも契約内容はきちんと把握する事やむやみに名義をかしたりしない事が一番重要となりますので、皆さんも気を付けてください。

pcここまでで色々な債務整理の方法や知識を書いてきました。借金の額や払ってる期間で返済方法などが変わってきます。また司法書士や弁護士も様々な人がいますので、その弁護士などによって返済方法も違うやり方を提示してきたりします。後ひとつどうしてもお伝えしたいのが全てが良心的な弁護士や司法書士では無い事を頭に入れておいて下さい。あまり対応が良くない、不親切などの評判が良くない所もあると聞きます。実際私の友人の話です。友人は知り合いからこの司法書士が良いからと聞き司法書士の元へ伺ったそうです。しかしその司法書士は聞いてた評判とは真逆で面倒くさそうに話を聞いたり質問をしても適当な相槌しかされなかったそうです。ここまでの対応をして来る所は中々無いでしょうが、一度始めてしまうと途中から司法書士を代える事も出来なくなってしまう為入念な下調べが必要だと思います。利息のみを長期間払い続けていて元金が中々減らない人は任意整理が良いかと思いますが、結局の所支払える状況などを司法書士や弁護士の方が見て行って決めていくので親身になってくれる方が一番良いと思いました。皆さんも大事なお金の問題なので良く調べて良く考えてから始めてください。

債務整理をしない為に。

11月-25-2010 By admin

実際、自分が体験した債務整理の話をしようと思います。一時期、私は買い物依存症になり多額の借金をしました。クレジットカードは使用限度額いっぱい、クレジット枠も全てぎりぎり。返済日がくれば他のクレジットカードのキャッシングから支払うという自転車操業を繰り返していました。しかし、当然そんな事が長く続く訳も無く、不幸は重なるもので勤めていた会社が不況により人員削減の措置をとるとのことで、リストラされてしまったのです。無収入になった私は当然借金の返済も出来る訳が無く、借金は膨らんでいくばかり。とうとう、弁護士会が開催する多重債務者への無料相談会へいきました。初回無料で、後何回か面談が必要な人はそれに応じた金額を支払わなければならないものだったのですが、幸い無料ですみました。

私は任意整理を求めてアドバイスを受けにいったのですが、相談に乗ってくれた弁護士の方は「自己破産」を薦めてきました。どっちにしろ確実に毎月決まった収入が入ってこない以上、任意整理や個人再生などの措置をとっても生活が出来ないのではないかと。自己破産なら免責になれば借金はチャラになるからイチからのスタートが出来ます、と言われたのですが、なかなか踏み切る事が出来ませんでした。と、いうのもうちの家族……特に父親はそう言った事に厳しく、自己破産なんてしたら社会的信用を失うとまで言われてしまい、何とか親に借金の返済を手伝ってもらうことになり、結局自己破産は免れる事ができました。色々と過払い請求とかもありますが、返せないのなら借りないのが一番だなと思いました。

バレない債務整理。

10月-30-2010 By admin

多重債務に苦しみながらも債務整理をしない人の理由の多くは、周りの人間や家族、職場等にバレることを嫌がるためだと思います。自己破産等がいい例ですが、昔なら自己破産をした人を会社は解雇していたり、信用問題として様々な事に支障をきたしていたものです。今はそれほど自己破産者に対しての社会的制裁などや差別的な意識は薄れている方だと思いますが、やはり信用問題的には根強く残っているのかもしれません。その辺が債務整理のデメリットの1つじゃないかと思います。しかし、心配しているほど事は大げさではなく、同居している家族等以外には債務整理を行った事が知られてしまうといったことは余りありません。もっと言えば、同居している家族であってもその債務の連帯保証人でなければ、裁判所等から連絡がくるという事はないのだとか。しかし、自己破産や民事再生の場合は、同居人の収入の証明が必要になりますので、債務整理のデメリットを越えて助け合い、債務整理の期間を乗り越えましょう。それから債務整理をした場合には、給料や退職金の差し押さえが発生する場合があります。ただし、差し押さえられる金額は給料も退職金も4分の1までの金額など決まっています。また、債務整理の種類によっては弁護士や司法書士、公認会計士や税理士、行政書士といった職業に、一定期間就く事が出来ません。自分の債務整理についておおっぴらにする必要もなければ、隠す事に必死になる必要もないようですね。