債務整理をする為には

債務整理ってどうしたらいいのかご存知ですか?債務整理に困っている方、債務整理をしようと思っている方の為のブログです。

Archive for the ‘債務整理について’ Category

債務整理の際、保証人の存在はとても重要になってきます。もし、債務者が債務整理をおこなった場合、その債権を支払う義務は保証人に移ります。が、最近は大きな金額でない限り保証人なしでも簡単に借りられてしまいます。なので、滅多に保証人に返済を求める等という事はありません。しかし、連帯保証人を立てて借りた債権を債務整理する場合は、必ず連帯保証人に連絡しておくことが必要です。借金を連帯保証人が返済してくれるというのなら話は円満解決。しかし、連帯保証人でさえ払えない場合は債務整理が必要になってきます。債務整理が行われたら、連帯保証人が債務者の代わりに債務整理の期間、返済をすることになります。しかし、第三者が保証人の了承無くして保証人に仕立て上げた場合は、その保証人の支払い義務はなくなります。その他に、金融業者の人に形だけの保証人としてで、責任はないからなどと言われた場合も支払いの義務は発生しません。ただし、債務者から同じように頼まれて保証人になった場合は支払う義務が生じてしまいます。連帯保証人もまた、保証人になった段階で金融業者との契約を交わしたと見なされるからのようです。時に、債務整理の際の過払い請求に関しては、保証人にお金は返ってくるんでしょうかね?債務整理の時、債務者が支払えないから連帯保証人が支払い続け、もし、その過払い請求をするとなったら……?やっぱり連帯保証人が払っていた期間分だけは返ってくる……かも?

債務整理と費用。

7月-22-2010 By admin

考えてみれば借金が払えなくなっているのに、何故、債務整理の為にお金を支払わなくてはならないのか。疑問に思った事はありませんか?
多くは弁護士に頼む事が多いし、広告でも司法書士事務所か法律事務所が債務整理を行いますと謳っているものばかり。しかし、弁護士に高いお金を払うぐらいなら自分で債務整理をやった方が早い、とお思いのアナタ。そうそう上手くことは運ばないことが多いのです。と、言うのも貸金業者は債務者に対して強気な立場でもあるので、なかなか話がまとまらなかったり、下手をすればその話自体が「なかった事」に何てことになるかもしれません。そりゃそうですよね、借りたのに返せなくなっちゃったのは借りた方なんですから。貸した方はどうしたって返して欲しいはずです。交渉がうまくいかなければ、過払い請求で返ってくるはずのお金もないものとなってしまうかもしれません。その点、弁護士であれば問題はありません。行政書士や司法書士でも書類の作成などは可能ですが、訴訟代理などができないので、自分で動かなくてはならないことや、扱える債務の金額も限りがあります。なので、債務整理をする場合は弁護士に頼むのが一番いいでしょう。また、弁護士に頼んだ時点から取り立てなどが自分ではなく弁護士の方へいくようになります。それに、債務整理の中でも過払い請求の場合ですと、返金された金額の何%かを報酬として弁護士に渡すといったようなところが増えているようで、初期費用がかからないといったところもあるようです。また、別に費用を分割にしてくれるところもあるので、相談の際にきちんとお話しておきましょう。

債務整理って何でしょう?

2月-20-2010 By admin

今、やたらとCMや広告で目につくのが「債務整理」これって何の事だかお分かりですか?「債務整理」とは多額の借金を負ったとき、多重債務に陥ったときに法的手段を用い、債務者の再生させるいくつかの方法のことをいいます。債務整理といえば、自己破産だけと考える人もいるようですが、債務整理は主に4つあります。それぞれの借金の金額や現在の資産状況、また収入などの面から考慮し、自己破産、民事再生、任意整理、特定調停の4つの債務整理のどれが一番なのかを考えていきます。貸金業の法改正により、借りられる金額が収入の1/3になったとはいえ、まだまだ債務に苦しんでいる人が多いようです。また、債務整理について弁護士や司法書士に相談するのは一部の人たちでしかないようです。今は多重債務者への法律無料相談などが頻繁に行われているそうなので、悩んでいる方は是非、気軽に足を運んでみては如何でしょうか。弁護士や司法書士に相談するだけでもお金がかかるのではないか、と思いがちですが初回の相談料は無料の所も多いし、市役所や裁判所などが窓口を設け相談を受け付けているところもあります。一人で悩んでいても借金は減りません。家族に内緒で借金をしている人も、一度相談に行かれる事をお薦めします。1つ、法改正により借りられる金額が減ったものの、貸す方が金利を下げてみたり、真面目に返済している人に対して融資の枠を増額すると薦めたり……。結局、借金のスパイラルは止まらないようですね。